<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ようやく…パリにたどり着きました。今回の旅の中で一番長く1週間も滞在する予定なのに、いざ着いてみると2人とも、なんと全くプランなし。ま、なんとかなるでしょう…

パリ滞在の前半は、昔、貧しい芸術家の卵たちが暮らした地域、モンマルトル。ema.さんがみつけてくれたスコッチハウスという小さなホテルはいかにもアパルトマンを改造したという造りで、シャンソン、ラ・ボエームに出てくる世界そのままです。日当たりのあまりよくない窓からの眺めも、いかにもそんな風。
d0171809_16573774.jpg

d0171809_1732491.jpg

木の螺旋階段もなかなかいいかんじ。
d0171809_174791.jpg

すぐ近くに日暮里のような繊維街があり、私達にはとてもありがたい立地です。なんと言っても布は重いですから。
d0171809_1743827.jpg

狭い道なのにカフェがみんな外にもテーブルと椅子を出すので、歩きにくくて大変なのですが、こんなかわいい模様がつくならちょっと楽しいかな。
d0171809_175163.jpg

きれいな色のプレハブ?の建物。
d0171809_1762970.jpg

メトロに乗りたいのに入り口が分かりませんでした。こんなに歴史っぽいとは…。
d0171809_1771098.jpg

古いアーケード街にあるおもちゃ屋さんのウィンドー。かなりシックなねずみです。
d0171809_1773466.jpg

[PR]
ベルリン3日目は、朝ZOO(ツォー)です。ホテルからも歩ける距離に歴史あるベルリン動物園があるときけば、行かないわけにはいきません。
静かでちょっと不気味、なぜか草食動物がやけに優遇されている、不思議な動物園でした。いいお家でしょう?
d0171809_15402233.jpg

え?シマウマにもそんなに種類が?
d0171809_15404069.jpg

水族館もおもしろいらしいのですが、地面にの魚に誘われてもぐっと我慢。午後からは街に繰り出すので、またそれは次回の楽しみにします。
d0171809_1541021.jpg


ずっと来たかったミッテ地区。古いミシンがびっしり並んだディスプレーを撮ろうと思ったのですが、失敗。かわりに写ったのは東洋人のあやしげな子供たち?それぞれに靴の入った大きな袋をさげています。
d0171809_15413354.jpg

こういう壁、好きなんです。かつてあった隣の建物の壁の一部がいいかんじに残っていて美しい。でも、またしてももう暗くなってきて、きれいに撮れなかった…悔しい。それに、もっと居たいのに。
d0171809_154215.jpg

この後、夕食をとってホテルに戻り、最後に行こうと思っていた近所の大型書店に行ってみたら、ここもガイドブックにのっているよりも1時間早く閉まってしまい入れてもらえませんでした。ううっ…ドイツ、また来たい!
[PR]
寒い寒いといっている間に、もう1月も終わろうとしています。
私の旅行記はベネツィアだけ行って帰ってきたかのようなまま…。これはやばい、ローマはとばしてベルリン編いきます。

なぜ、ベルリン?とよくきかれるのですが、私、ドイツのプロダクトデザインが大好きなのです。バウハウスの流れを組んだ、シンプルで機能的、しかも丈夫で飽きのこないものたち。以前ベルギーに行った時にたまたま自分用に買ったものがなぜか全て、ドイツ製でした。えんぴつ、革靴、はさみ、ぬいぐるみ…。その後、西宮の国道沿いで車から通りすがりのお店の2階の窓に見えたのが気になって、帰りに停めてもらって買ってしまったビンテージののデスクランプも、なんとドイツ製。もちろん大好きなtrippenの靴はドイツ製だし、これは一度行っておかないと…と思っていたのです。ema.さんに言わせると、それはきっと前世がドイツ人だということで、彼女は自分の前世はイギリス人だと思うと言っていました。

1日目、お昼頃に到着予定だったのが、飛行機に乗り遅れて夕方になり、とりあえず行ったのがtrippenのアウトレット。ホテルのあるクーダムからUバーン15番線をほぼ端から端まで乗って、着いた駅はなかなかいいかんじ。
d0171809_1455259.jpg

通り道でたまたまみつけました。車と窓枠の色を揃えているなんて…おしゃれすぎる。
d0171809_1456126.jpg


2日目は土曜日なので、朝から蚤の市めぐり…と思っていたら、ひとつめの一番大きい市を見終わると、他に行ってももうどこもやっていないのです。どうもドイツは日暮れが早いらしく、冬場はなにもかも早く閉まってしまうようです。呆然としてそらを眺めると、たくさんの飛行機雲が交差していました。
d0171809_1521847.jpg

ドイツの文具などのデザインにはドットがよく使われていますが、建物にもつけちゃうみたいです。私も好きなので大歓迎。
d0171809_1532424.jpg

同じ名前なので、とりあえず行っとかないと。かわいい子供服屋さんでした。
d0171809_15355472.jpg


蚤の市の収穫です。
ドットというか、ぷつぷつが好きで、このガラスの型のお皿はema.さんと同じこわいおじさんのお店でみつけました。ほこりだらけで雨にも濡れてましたが、1ユーロ。帰ってきて沖縄のうみぶどうを入れたらぴったりでした。ビーズのネックレスもぷつぷつだし…。
目覚まし時計は色が好きで買ってみました。東ドイツ製かなと思っていましたが、USSRってよく考えたらソ連じゃないか。
d0171809_14571268.jpg

[PR]
今年の作品展がばたばたと決まり始めましたので、告知させてください。

まず2月11日(金)~3月5日(土)、 秋田の小松クラフトさんで、風布-斎藤洋と仲間たち展、斉藤さんの染め布と竹田安嵯代さんのデザインによる洋服、竹田さんのバッグ、そこに私の帯とえまぐるみも参加させていただきます。

6月7日(火)から19日(日)に奈良のあーとさろん宮崎さんで、今年も中原由美子さんと2人展させていただきます。13日(月)はお休みです。

10月の18日(火)から23日(日)、谷町6丁目のorioriさんではえまえま展第2弾です!!
[PR]
秋のくるむ展で注文を受けていたサッシュベルトが年末にようやく完成、先日ギャラリーにお送りしました。オーダーでの制作はとても勉強になりますが、かなり気をつかいます。お待たせしてしまった分、気に入っていただければいいのですが。
d0171809_16212958.jpg


定番のねこ襟巻き、Toyodaさんに出していたものから少し色合わせを変えて3匹つくりました。
年末にいいコート地をたくさん仕入れました。特にしぶいローズピンクの生地はイタリア製で、カシミア60パーセント。色がとても好きで以前からねらっていて、コートの着分で売られているのをお店のおじさんに何度も交渉、ようやく1メートルだけカットして分けていただきました。それがうれしくてうれしくて、どうしてもつかってみたかったのです。思ったとおりふんわりあたたかい色の子たちになりました。このうち1匹は注文分ですが、orioriさんにもどの子かをお届けする予定です。
d0171809_16224684.jpg


さてそろそろ、えまぐるみにかかります。
[PR]
あけましておめでとうございます。新年もどうぞ宜しくお願いいたします。

えま工房、本日が仕事はじめです。今年こそは、たまっている仕事をばしばし片付けられるような、できるオンナになりたいものです。年末年始にいろいろいいこともあったし、初詣でひいたおみくじも大吉だったし、幸先もいいのでがんばりたいと思います。

d0171809_2174836.jpg

これは近所で発見したいいかんじの電柱。別にお正月っぽくはないですが…
[PR]