<   2010年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


そろそろツバメの雛たちが巣立つ頃です。えさをやる方ももらう方も、とにかく必死ですね。

d0171809_225911100.jpg


蓮の葉はにどんなに強力な撥水加工が施されているのでしょうか?
雨粒が全て、小さな小さな透明の玉になり、ころころころころ転がるのを見ているのが好きです。
これは宮崎さんのうら庭の蓮。

d0171809_22595563.jpg


今日も一日しとしと降っていましたが、たくさんのお客様が来てくださいました。
ありがとうございます。
[PR]
ふたり展、今週は25日(金)26日(土)に行くことにしました。

お天気がよければ、あそびにお越しください。お待ちしております!
[PR]
イコマ製菓のレインボーラムネというものをいただきました。
奈良では昔からみんなが知っているお菓子だったのに、おめざで紹介されてからは買うことができなくなってしまったという、幻のラムネだそうです。両側から合わせてつくられたような丸い形はとてもかわいらしく、懐かしいかんじがします。口にいれるとふんわりと溶け、ほんのりさわやかなピーチの香り。蒸し暑くてぐったりした体にしみわたるようで美味しい…。バオバブの実はラムネの味がするとどこかできいたことがありますが、もしかしてこんな味では?などと想像もひろがります。
1人でいただくのはもったいなすぎるので、みなさんにおすそわけしようと思ってます。

ラムネをくださったOさんは、えまぐるみ制作の縁の下の力持ち。切り込みから仕上げまでの一番しんどい部分をいつも完璧にこなしてくださる、なくてはならない人です。

d0171809_1492162.jpg


ブログを開設してから2週間が経ちました。
一昨日やっと、写真のサイズがコントロールできるようになりました。発見できてなかったのですが、ちゃんとexciteのホームページに使い方がのってたみたいです。
いただいたコメントへのお返事の仕方が分からなくて放置してたのですが、そのまま続きに書けばよかったのですね。
あまりにも何も分かってない私に、そんなんでよくブログ始める気になったね…とあきれながらいつもいろいろ教えてくれるIさんにも、感謝です。


ちかごろ何かしようとするたびに、1人ではなんにもできない自分を思い知ります。
困ったものです…
[PR]
by emakobo | 2010-06-23 14:10
あーとさろん宮崎でのふたり展がはじまりました。

お天気にもめぐまれ、今日はとてもたくさんの方が来てくださりました。幸先のいいスタートです。

皆さん、本当にありがとうございます!!

にぎわっている様子を撮影しようと思っていたのに…すっかり忘れていました。残念。。。
[PR]
d0171809_1574323.jpg


ちょっと作業を中断していましたが…綿をつめます。細い指先などにはピンセットでかなりかたいめにつぶ綿を入れます。その後は口をまつり閉じ、形を整えてごみをとり、シリアルナンバーをつけて完成です。現在なんと1245番まで到達しました。

番号ははじめからつけているのかとよくきかれますが、ある時突然始めたもので、納品書などでそれ以前のものの数を出しました。だから絶対に正しいとは、数字に弱い私には言い切れませんが、おおむね間違いのない数字のはずです。
それにしても、今までこれだけの数をどなたかが買ってくださったのだと思うと…
本当にありがたいことです。

d0171809_14445036.jpg


一番手前の子、たまたま自分でつけていると評判がいいので、似たものをいくつかつくってみましたが…。風工房の手染めの布なので同じ色柄のところがあるわけではないし、それぞれの布から形を決めるため、同じものにはなりません。なんだか似てるけどちょっと違うような…でもたしかに兄弟なんだよな…というこのかんじ、アレック、ダニエル、ウィリアム、ダニエルのボールドウィン兄弟と名づけることにしました。
[PR]
22日から始まる、あーとさろん宮崎での2人展の搬入に行ってきました。

中原さんとは今回初めてお会いしましたが、とても素敵な方です。裂織や古裂の作品たちは色合わせが楽しく、繊細な織りをされていて、ぐるぐるかけられたステッチなど遊び心もいっぱいです!
無事飾りつけも終わり、いい作品展になりそうでひと安心なのですが…お天気がどうかなぁ~。

とりあえず初日の22日と26日には確実に在廊予定です。他の日はまだ決めてないのですが、決まり次第またお知らせします。

d0171809_23544635.jpg



d0171809_23531458.jpg


帰りは中原さんに車で近鉄なら駅まで送っていただいた後、商店街をぶらぶらしていてズッキーニを3本も買ってしまいました。だって、大きくて安かったんだもん…
[PR]
すごい湿度で、なんだかふらふら。
こういう季節はお漬物でお茶漬けが、一番おいしいです。
きゅうりは少し黄色みがでるくらいによく漬かったもの、なすびは一番きれいな色の頃のを刻んでさっと水にはなして、それにみょうがと、買ってきたたくあんの黄色と甘みをアクセントに…。おろし生姜とお醤油でいただきます。ず ず ず…

d0171809_23184863.jpg


今日は用事があってミナミへ。雨も降ってるし頭がぼんやりするし、さっさと帰ろうと思うのに、こういう時ほど帰れないわたし。知人の所でやたらゆっくりしてしまったり、決断力がないので判断を誤って同じ所に戻るはめになったり、行かなくてもいい所まで疲れついでに行ってしまう…ほとんど惰性で動いているかんじ。この状態を、さまよえるオランダ人ならぬ“さまよえるオオサカ人”とひそかに呼んでいます。 
[PR]
切り込みを入れた後さらに地味な工程を2、3経て、ついに裏返しの時がやってきました!
手も疲れるし、失敗もこわいけれど、私にとっては一番わくわくする作業。
卵から孵るように、えまぐるみが姿をあらわす瞬間なのです。

d0171809_0123776.jpg

[PR]
今日は本当に蒸し暑いです…。

d0171809_23583323.jpg


チャコペンシルで濃くひいた線を、裏地といっしょにミシンで縫います。
一匹ずつ切り離した後、切り込みを入れます。裏返したときひきつれたりがたがたした形にならないように、かなり細かく刻みます。

d0171809_0151380.jpg

[PR]
おととい大阪もついに梅雨入りし、今日も朝から雨です。
この季節に困るのは、水で消えるチャコペンの印が、湿気ですぐに消えてしまうこと。

私はまず布の色柄や形を見て、なににするかを考え、その形を布の表側に水で消えるチャコペンで描きます。(濃い色の布には白い線の浮き上がるアイロンで消えるチャコペンを使います。)その線にしたがってミシンで模様を仕上げるところまでいくのですが、この線が消えること消えること、ほんとにせわしない…。何度もひき直さなくてはいけません。

d0171809_21311229.jpg


今日はミシンが終わったので、この線をチャコペーパーを使って裏側に写します。でもそれだけではたよりないので、チャコペンシルで濃くなぞります。この後一度水びたしにして表の線を消すので、その時にいっしょに流れてしまっては意味がないからです。

こんなかんじで、チャコの実演販売のように各種のチャコを使っています。
[PR]