やっとベルリン

寒い寒いといっている間に、もう1月も終わろうとしています。
私の旅行記はベネツィアだけ行って帰ってきたかのようなまま…。これはやばい、ローマはとばしてベルリン編いきます。

なぜ、ベルリン?とよくきかれるのですが、私、ドイツのプロダクトデザインが大好きなのです。バウハウスの流れを組んだ、シンプルで機能的、しかも丈夫で飽きのこないものたち。以前ベルギーに行った時にたまたま自分用に買ったものがなぜか全て、ドイツ製でした。えんぴつ、革靴、はさみ、ぬいぐるみ…。その後、西宮の国道沿いで車から通りすがりのお店の2階の窓に見えたのが気になって、帰りに停めてもらって買ってしまったビンテージののデスクランプも、なんとドイツ製。もちろん大好きなtrippenの靴はドイツ製だし、これは一度行っておかないと…と思っていたのです。ema.さんに言わせると、それはきっと前世がドイツ人だということで、彼女は自分の前世はイギリス人だと思うと言っていました。

1日目、お昼頃に到着予定だったのが、飛行機に乗り遅れて夕方になり、とりあえず行ったのがtrippenのアウトレット。ホテルのあるクーダムからUバーン15番線をほぼ端から端まで乗って、着いた駅はなかなかいいかんじ。
d0171809_1455259.jpg

通り道でたまたまみつけました。車と窓枠の色を揃えているなんて…おしゃれすぎる。
d0171809_1456126.jpg


2日目は土曜日なので、朝から蚤の市めぐり…と思っていたら、ひとつめの一番大きい市を見終わると、他に行ってももうどこもやっていないのです。どうもドイツは日暮れが早いらしく、冬場はなにもかも早く閉まってしまうようです。呆然としてそらを眺めると、たくさんの飛行機雲が交差していました。
d0171809_1521847.jpg

ドイツの文具などのデザインにはドットがよく使われていますが、建物にもつけちゃうみたいです。私も好きなので大歓迎。
d0171809_1532424.jpg

同じ名前なので、とりあえず行っとかないと。かわいい子供服屋さんでした。
d0171809_15355472.jpg


蚤の市の収穫です。
ドットというか、ぷつぷつが好きで、このガラスの型のお皿はema.さんと同じこわいおじさんのお店でみつけました。ほこりだらけで雨にも濡れてましたが、1ユーロ。帰ってきて沖縄のうみぶどうを入れたらぴったりでした。ビーズのネックレスもぷつぷつだし…。
目覚まし時計は色が好きで買ってみました。東ドイツ製かなと思っていましたが、USSRってよく考えたらソ連じゃないか。
d0171809_14571268.jpg

[PR]