チャコの日

おととい大阪もついに梅雨入りし、今日も朝から雨です。
この季節に困るのは、水で消えるチャコペンの印が、湿気ですぐに消えてしまうこと。

私はまず布の色柄や形を見て、なににするかを考え、その形を布の表側に水で消えるチャコペンで描きます。(濃い色の布には白い線の浮き上がるアイロンで消えるチャコペンを使います。)その線にしたがってミシンで模様を仕上げるところまでいくのですが、この線が消えること消えること、ほんとにせわしない…。何度もひき直さなくてはいけません。

d0171809_21311229.jpg


今日はミシンが終わったので、この線をチャコペーパーを使って裏側に写します。でもそれだけではたよりないので、チャコペンシルで濃くなぞります。この後一度水びたしにして表の線を消すので、その時にいっしょに流れてしまっては意味がないからです。

こんなかんじで、チャコの実演販売のように各種のチャコを使っています。
[PR]